ヒアロディープパッチ ほうれい線 加齢や乾燥による目じりのしわの改善に効果があるというヒアロディープパッチですが、ほうれい線やゴルゴラインにも効果があるの?と気になっている方が結構多いようです。

確かに目じりのしわに効くならほうれい線にも効果がありそうですよね!
ヒアロディープパッチの形状もほうれい線にフィットしそうな作りですし、ちょっと期待できそうな気がします…!

効果は実際のところどうなのでしょうか?
調べた結果をご紹介します♪

>>ヒアロディープパッチの詳細
 

ヒアロディープパッチ、実はもう皆んなほうれい線にも貼って使ってた!

もともは目の周りの小さなしわになやんでいる女性向けに発売開始されたヒアルディープパッチ。

使っている方は30代、40代を中心にクチコミでも高く評価されることで、だんだんと50代や60代の女性の多くにも知られるようになってきました。

そんな口もとの肌の年齢サインに悩む50代、60代女性の多くは、実は目周りだけじゃなくって、既にほうれい線にも同時に使っていることが判明!

しかも使ってみた大勢の女性から嬉しい実感の声がメーカーさんに届いて居るとのことです!

たしかに、アットコスメなどの口コミにもちらほら見かけてはいましたが、メーカーさんが調査した結果ですからこれはまちがいない事実のようです。
52歳女性の口コミ★★★★★
はじめての使用でしたが、説明書が分かりやすく、書かれている通りに貼ったところチクチクする感覚は60分程度に感じなくなりました。
5時間くらい睡眠をとって朝起きて確認してみたら、口元の年齢サインが明らかに目立たなくなっていました。でも、起床したてってむくんでいるだけかもしれないと思い直し仕事から帰宅してから鏡をチェックしてみましたがやっぱり間違いない(笑)
それどころか4日後でも目立たない状態をキープ中です。
ファンデのよれもないので、メイクがとても楽になりました。

私自身が北の達人コーポレーションさんから教えて貰ったのですが、こちらの会社って、販売前にテスター調査を行って、基準値以上の人が実感した商品しか販売しないのがポリシーなんです。

で、ヒアロディープパッチについても、目周辺や眉間、ほうれい線など部位毎にテスト済みなのですが、このテスト時に「ほうれい線においても効果があることを確認」しているとのことです。

全額返金保証も付いているので
今まで迷っていた方も安心して使ってみてくださいね。
※最大20%OFF!公式サイト↓

ほうれい線の原因と対策

ほうれい線ができてしまうのには、いくつかの原因があります。

1.まずはコラーゲンの減少によるもの。
皮膚のコラーゲンが減少したり、変化することによって肌の弾力やハリが失われてしまうことによってほうれい線ができてしまいます。

2.次に乾燥によるもの。
乾燥が原因で発生してしまった小じわが、そのままほうれい線として残ってしまうと、なかなか消えない深いしわに成長してしまうんですね。

笑いジワなどの、表情のクセが原因でできるシワもありますがこれもやはり若いころには殆ど気にならない理由は、コラーゲンや乾燥によるところが大きいと考えられます。

ということは、小じわの段階でケアすることができれば、深いほうれい線になるのを予防することができると思いませんか?

そこで重要になってくるのは、気になるほうれい線やゴルゴラインといった部位に、潤い成分をしっかり届ける方法です。

従来のほうれい線グッズやコスメは・・

今までもほうれい線対策としていろいろなグッズやコスメが販売されてきました。

ヒルナンデスでもロフトあたりで手に入るほうれい線グッズ特集やNHKのためしてガッテンなどでも特集が組まれたりしていろいろな対策が紹介されています。

例えばグッズとして有名なのがPAOなど口に加えることでほうれい線まわりを鍛えるタイプのアイテムです。

でも、グッズはどれも以外に継続するのが大変で「たった3分」とか言われても、「毎日」となるとなかなかに大変です。

さらに、例え家族にでも見られたくないような変顔状態でのトレーニングになってしまうためどうしても嫌だなぁというのが本音です(笑)

そこで、ほうれい線対策としてはやはりコスメに期待したいと思うわけですが、今度は即効性に欠けるという弱点があるわけです。

妊婦さんにも安心のルイボスティーがほうれい線に効くとも聞きますが、これなどはほんとにいつ効果が現れるかなんてかなり心細いわけです。

即効性を追求しているコスメも当然多いです。

そこで、いままでもほうれい線用クリームといったシワ対策コスメは多数販売されていますが、そのどれもが肌の表面から浸透させるもので、浸透力を高める努力をしています。

つまり肌から浸透させるため成分を分子化ナノ化して・・という商品が沢山販売されるようになったわけですね。

ヒアロディープパッチの画期的ほうれい線対策

ところがヒアロディープパッチは今までの全く異なるやり方で小じわやほうれい線にアプローチしてくれます。

自然と浸透させるというよりは、直接肌の深部へ注入するといったイメージでのアプローチです。

その秘密は、ヒアルロン酸で出来ている約200マイクロメートルサイズのマイクロニードル=つまり「針」を使用していることにあります。

染み込むのを待つよりも、物理的に直接届けてしまう方が効率的なのは言うまでもありません。

この技術、実は世界初!
つまに似たような化粧品はどこを探しても手に入らないってことになります。

ほうれい線ってファンデーションがそこに溜まってしまったり、ひび割れたりして本当に見栄えが悪いんですよね…。

でも、ディープパッチを使えば、ふとした瞬間に鏡を見てギョッとするなんてことも無くなるかもしれないって思います(笑)

それにしても、世界初の技術でほうれい線対策できるコスメなんてすごすぎると思いませんか?

最大20%OFF!>>>>https://www.hyalodeep.com

どうしてほうれい線に効果が期待できるの?

ヒアロディープパッチがほうれい線に効果があるのは、ヒアロディープパッチが「乾燥小じわに強い」のが特徴だからです。

目の周りの小じわも乾燥が原因なので、乾燥によってできてしまったほうれい線にも十分効果があるということ。

ヒアルロン酸はたった1gで、なんと6000ccもの水分を蓄えることができる成分だからなんですね。

信じられますか?
ティースプーン1杯で牛乳パック6本分の保湿能力だなんて!?

それだけ凄い成分ですが、必要なところに届けることができなければ意味がありませんよね?

ヒアロディープパッチは独自のヒアルロン酸針が角質層の奥深くまで浸透することで、皮膚をたっぷり保湿します。

肌を保湿することで肌本来のハリや潤いを取り戻し、しわをケアしてくれるというわけです♪

1か月分8枚入りなので、今週は目じり、来週はほうれい線…といった使い方もできますね。

若返った自分をイメージしたら、わくわくしてきちゃいます。

使い方にコツはある?

ヒアロディープパッチをほうれい線に使う場合も、目じりに使うときと同じ使う方で大丈夫です!

いつも通り洗顔をした後、化粧水、乳液やクリーム、美容液の後にヒアロディープパッチを貼って寝るだけ♪

ただし、ヒアロディープパッチを貼るからといっていつものケアを怠ってはいけません!

ヒアロディープパッチは肌が乾燥しすぎていると、ヒアルロン酸針が解けるのに時間がかかってしまいます。

そうすると本来の効果を発揮する時間が短くなってしまうので、思ったような効果が出ない…というような結果につながってしまうことも。

ヒアロディープパッチを貼る前のケアも大事だということは覚えておいてくださいね♪

又、目には見えないですが、ごく微小な針状のヒアルロン酸がシートに付いていますので、貼り直しは極力避ける必要があります。

一度貼ってしまうと、その場所に大切なヒアルロン酸がくっついてしまう可能性がありますので注意する必要があります。

ほかにも手で不用意に触れ過ぎたり、シートを剥がした状態で放置するなどせずに、剥離シートは使う直前に剥がすようにするのが、ヒアロディープパッチの効果的な正しい使い方です。

効果が出るのにはどれくらいの期間が必要?

ヒアロディープパッチは、早い人で翌日には変化を感じる方もいるようです。

ただこの効果というのは、しわが改善した!という劇的な変化ではなく、いつもより貼った部分がふっくらしているな、という程度のもの。

メーカーさんの全額返金保証の説明を読むと、15日間は是非つかってみてもらいたい!ってことが書かれていますので公式サイトで確認してみてくださいね。

>>ヒアロディープパッチ公式サイトはこちら
確認してもらうとわかりますが、その期間つかってもらえれば、殆どの方は満足してもらえるはずだ!という自身を感じるような書き方なんです。

つまり、実感する期間はまず15日間をひとつの目安にするのがよさそうです。
(納得できなければ、返金制度をつかうことができますので)

そして、さらにもっとしっかりした効果を実感したい場合には、クチコミなどから調べてみると、最低で1か月~3か月ほどかかることが多いようですので、焦らずじっくりとケアしていくことが大切です。